クレイジースモール パスワードロム240

Crazy Small Password ROM240

製造開発元 cooyou.org
Made in Japan
お問い合わせ admininfo@cooyou.org

cooyou.orgがお届けするクレイジースモールシリーズ第2弾
cooyou.org特設ブログ
ニュースリリース 2019/7/24発売

Amazon.co.jpにてこちらで販売 2個セットはこちら

クラウドファンディングCampFireでの募集終了。目標達成。

クラウドファンディングReadyForでの募集終了。目標達成。

第一弾は想像の斜め上を行く極小フルキーボードでした。ガジェットとしても面白いものでテレビでも紹介されました。こちら
今回は外観は同じ(ロゴ位置だけ異なる)で、いわゆるパスワードマネージャのプロダクトとなります。
パスワード保存だけでなく、シリーズを継承するキーボード出力機能付きです。今回はエンタメ要素は一切ありません。

パスワード多すぎて覚えられない問題を解決する

年々管理しなくてはいけないパスワードって増えていきますよね。まず減ることは無いです。
ネットショッピングするにしても、ショップの会員になるためのアカウント作成が必要であったり、
マイナンバー登録だって4種類も暗証番号が必要だったりと、いったいいくつパスワードが必要なんだと。
多い人だったら100個は超えるのではないでしょうか?そうなると覚えるのはほぼ不可能です。
ついつい同じパスワードを使いまわしてしまったり、覚えやすい生年月日をもじったり、そんなことをやりはじめます。
それはいけないことと言われて変更したら、いや変更するほうが実はリスク高いとか専門家が言い出す始末。じゃあどうしたらいいのでしょう。
もう人類の頭の限界は超えてます。
その悩みは確実にIT企業も理解してます。chromeの自動入力は便利ですし、クラウドで管理される有償サービスもいろいろあります。
メーカーPCならパスワード管理ソフトがインストール済かもしれません。スマホもしかりです。
chromeの自動入力は便利ですが、その仕組みは理解してません。どこに保存されているのかも知りません。知らない間に勝手に便利にしてくれました。そういう感覚の人も多いのではないでしょうか
なんだかわからないけど使わされている。よく考えるとそれはとてつもなく怖いことです。どこかにとんでもない穴があるのではないかと。将来的にも大丈夫なのかと。
Facebookのパスワードずさん管理の例もありますし、大企業だから大丈夫とも言えません。
Yahooの情報流出の例のようにむしろ大企業だから狙われて流出の危険があるのではとも思えてしまいます。
毎年のようにそういうニュースは耳にします。
アプリに任せても、ウイルスに感染しないかとか、バージョンアップで互換性無くならないかとか、バージョンアップ強制でお金がかからないかとか、
バックドアがないかとか、いろいろ不安要素はあります。PCが壊れることもあるでしょうし、クラウドのサービスが停止するときもあるでしょう。
クレジットカードや銀行口座の暗証番号を預ける気にはとてもなりません。
考えることを放棄して、全権を大会社のIT企業にゆだねて月額料金を払えばいいのでしょうか。自分で管理するよりはよほどましという意見もあるようです。
いやな胸騒ぎを無くしたいなら、いっそのこと原始的方法で紙のノートに書くほうがいいのではないかとすら思います。
少なくとも自分で管理している感覚にはなりそうです。しかし、盗難や紛失、盗み見があるかもしれません。人前でノートは広げられません。
もう少し堅牢でかつ便利なものはないかと探すと、世の中にはパスワードマネージャの専用デバイスなるものがいくつかありました。
ノートよりはよさそうですが、よくよく調べると結局パソコンアプリ連携が必要だったりと単体の動作に難があるものが多いです。
アプリ利用を是とするなら、そもそも専用デバイスに頼る必要もなく、はじめからアプリだけでいいのではと思う本末転倒感があります。
データは暗号化して保存し、パスワードは伏字のままで使用できるもの。この当たり前なことができないパスワードマネージャも存在します。
デバイス単体で完結するもので、それでいて便利で小さくて容量十分で信頼性がありセキュリティがしっかりしたもので手ごろ価格。
そんなわがままをかなえるものはなかなかありません。
満足できるパスワードマネージャが世の中に無いものだったのでMade in Japanで作りました。自信をもってお届けします。
クレジットカードや銀行口座の暗証番号も管理することのできる本格的なものです。
キーボード出力ができるので自動的な入力が可能で、アプリやクラウドサービスでは不可能なOSのログインにも使うことができます。
第一弾のキーボード+マウスと同様に、アプリ連携しないなど、思い切って割り切った部分があります。それを利点と感じられる方々にぜひご利用いただきたいです。
クレイジースモール パスワードロム240は生涯の伴侶となるパスワード管理デバイスです。

(キーボード出力GIF動画)(アカウント登録GIF動画)(クリア手順GIF動画)

クレイジースモール パスワードロム240仕様

製品名クレイジースモール パスワードロム240
製品番号CZSMPWRM240,2個セットはCZSMPWRM242(本体2+取説1)
JAN4580618302407,2個セットは4580618302421
アカウント保存240件(=40ページx6件)
登録編集内容タイトル、ID、パスワード1,2
最大文字数各項目32文字(半角のみ)(全角、改行、タブは不可)
マスターパスワード数字5桁、変更不可
ID,パスワード自動生成16桁、文字種パターン切り替え式
保存方式マスターパスワードおよびデータは暗号化して保存。
*仮に部品からデータを抜き取られても個体別の計算で暗号化されているので解読はほぼ不可能
キーボード出力各項目出力、USキーボードとして動作。標準ドライバで動作
*Windowsでは日本語キーボードと併用するためのレジストリ設定が必要です。(後述)
インターフェースマイクロUSB
*スマートフォンやタブレットはUSBホスト機能とOTGケーブルが必要です。
動作OSWindows,macOS,Linux,Android,iOS
*iOSではセルフパワーハブが必要かもしれません。
管理用ソフト、クラウド連携なし。本体のみで管理
電池なし。USBバスパワーで動作
ボタン左下(L) 中央下(R) 右下(SW)
アナログジョイスティック上下左右
ディスプレイ非タッチ0.96インチOLED
ケースABS樹脂
付属品取扱説明書、マスターパスワード記載紙
*USBデータケーブルは付属しません。
幅.奥行.高さ46x21x38mm
重さ23g
保証期間6か月
注意 *必要以上の力を加えて操作することは変形、故障の原因となります。
免責事項本機の使用によるいかなる不利益、損害の責任も取りません。
紛失や故障に備えて2台同時運用を推奨します。
マスターパスワード記載の紙は本機とは別の場所で管理してください。
リバースエンジニアリングはセキュリティリスクとなりますのでご遠慮下さい。

クレイジースモールパスワードロム240取扱説明書(pdfファイル)

クレイジースモールパスワードロム240セットアップ

以下を参照してください。
キーボード出力機能を使用する上での、各OSでの設定方法

クレイジースモールパスワードロム240操作説明

ディスプレイ

ディスプレイはOLEDで発光して表示されるため、暗い場所でも見ることができます。
文字は小さめですが必要十分な視認性です。小さなディスプレイ、小さな文字のほうが、のぞき見されるセキュリティリスクは低いです。
非タッチ式ですので、触らないようにしてください。汚れを除く場合は眼鏡拭きなどで軽く拭いてください。強く押すと破損の恐れがあります。
セキュリティリスクが発生しないように作業後はスリープさせるか、電源をOFFしてください。画面の焼き付き防止にもなります。

ボタン、ジョイスティック

物理ボタンは左下Lボタン、中央下Rボタン、右下SWボタンの3つです。背面にジョイスティックがあります。上下左右にスライドできます。
必要以上の力で操作しますと故障の原因となりますので、ご注意ください。

起動

本機はUSBバスパワーで動作します。電池は内蔵されておりません。
MicroUSBデータケーブルをPCと本機(側面)に接続すると起動します。充電専用ケーブルでは画面表示は出来ますが、キーボード出力が動作しません。
スマートフォンやタブレットは一般的にOTGケーブルでの中継が必要です。その場合USBホスト機能が無い場合はキーボード出力が動作しません。
iOS機は特に電圧不足で動作しない注意画面が出る場合があります。その場合はセルフパワーのハブが必要です。

終了、スリープ

login画面で15秒程度操作が無いと画面がOFFになりスリープ状態となります。なにか操作すると画面がONになります。
login画面以外ではスリープしませんのでご注意ください。
ケーブルを抜くことや、ケーブルからの給電が無くなることで本機の電源はOFFとなります。どの画面からでも結構です。

ログイン

起動直後はlogin画面です。同封のマスターパスワードの紙を参照いただき、数字5桁を入力してください。開始時は00000となってます。
ジョイスティック上下で数字変更、右下Lボタンでカーソル左移動、中央下Rボタンでカーソル右移動、右下SWボタンで決定です。
ジョイスティックは裏面に指を添えて操作します。スティックを横から押すのではなく、上から軽く押しながらスライドさせます。
操作中は一時的に数字が見えますが3秒程度で*記号に変わります。
マスターパスワードは出荷時固定のもので変更できません。個体固有の番号です。
パスワードに間違いがあった場合はfailと表示されて数秒の待ち時間後に再度login画面になります。連続してfailとなるごとに待ち時間が長くなる仕組みです。
loginが成功すると待ち時間はリセットされますが、failの場合は電源OFFしても待ち時間はリセットされません。それにより不正アタックを防止します。
連続失敗によるデータ消去機能はありません。子供のいたずらで重要データが抹消される恐れはありません。

アカウントテーブル

ログインが成功するとアカウントテーブルが表示されます。page1と表示されているのはページ番号です。40ページあります。
ジョイスティックの左右でページ移動ができます。
各ページは6つのアカウントが表示されます。各アカウントはタイトル先頭の16文字(2行)表示されます。ジョイスティックの上下で移動できます。
アカウントは最大240件(40ページx6件)登録できます。
移動後に右下のSWボタンでアカウント画面になります。
左下のLボタンを長押しすることで、ログイン画面に戻ります。この時、直前のカーソル位置が記憶され、次回表示時の位置となります。
ログイン画面だけがスリープ可能ですので、作業後はログイン画面に戻るようにしてください。それによりセキュリティリスクが減ります。

アカウント画面

アカウントの通番が1行目にNOとして表示されます。
アカウント1件につきタイトル(TITLE 32文字),ID(ID 32文字),パスワード1(PWD1 32文字),パスワード2(PWD2 32文字)が登録できます。
パスワード1,2につきましては常に***表示です。
項目をジョイスティック上下でカーソル移動できます。
文字列が登録されている場合は、中央下Rボタンでカーソル位置の項目がキーボード出力されます。
32文字を超える最大64文字のパスワードが必要な場合は、二分して管理する必要があります。
登録可能文字は半角文字のみです。全角文字や改行、タブは登録できません。
Lボタンでアカウントテーブルに戻ります。
SWボタンで編集画面が表示されます。

編集画面

最大32文字を閲覧、編集する画面です。1行目にEDITと表示されます。
IDやパスワードは16文字の自動生成が可能です。自動生成はカーソルが初期位置(文字が無い状態)でLボタンを押すと実行されます。
IDの自動生成は数字、英小文字、英大文字、または、数字、英小文字の2通りです。
パスワードの自動生成は数字、英小文字、英大文字、記号または、数字、英小文字、英大文字の2通りです。
2通りの生成は実行する度に交代で行います。
手動で文字を入力するにはジョイスティック左右で文字種を選択し、その後ジョイスティック上下で文字を選択します。
文字種は数字、英小文字、英大文字、記号の4種です。
文字が決まりましたらRボタンで右にカーソル移動します。Lボタンはバックスペースで文字を消します。
文字を消さないで左にカーソル移動はできません。
カーソルは画面右端で次の行に移動しますが、改行は実際には入りません。改行は登録できません。
カーソル位置の文字が空白の場合は登録文字の最終がスペースになってますので、ご注意ください。
編集をキャンセルしてアカウント画面に戻るにはSWボタンを押します。
編集を保存してアカウント画面に戻るにはSWボタンを2秒程度長押しします。

バックアップ

バックアップの機能はそれ自体がセキュリティリスクとなるため搭載されておりません。
本機を同じアカウント登録で2台同時運用することが望ましいですが、同期やインポートの機能はありませんので手動で同じ編集を行う必要があります。
1台の運用でバックアップが必要な場合は、1項目ごとにキーボード出力してPCに打ち出すのがいいでしょう。
PCに打ち出したデータはファイル保存せずにプリンターで印刷するだけのほうがいいでしょう。
プリンターにもデータを保持されてしまうリスクがあるため、ぜひ本機2台運用をご検討ください。

全データ消去

すべてのデータは暗号化されて保存されますが、本機を破棄する場合は必ず全データ消去を行ってください。
マスターパスワードは消去されません。出荷時の状態に戻りますので再度運用も可能です。
本機を譲渡、転売することはマスターパスワードが変更できないため相手に対して危険な行為ですので控えましょう。
消去手順は、SWボタンを押した状態でケーブルを接続して電源ONします。3秒程度経過後ボタンを離します。
login-とマイナス記号が表示されますので、マスターパスワードでログインします
すると、clear画面になります。
全データを消去していい場合、ここでクリア用パスワード68235を入力してSWボタンを押します。
すると、wait..の表示になり2分程度で全データが消去されます。doneという表示になると完了です。出荷時の状態に戻りました。
ケーブルを抜いて結構です。
一般的にパソコンのファイル消去は消去フラグを付けるだけで実際のデータは消えていないということがありますが、本機の場合は全データをクリアしてます。

CrazySmall Password ROM240

Keyboard Password Manager produced by cooyou.org