クレイジースモールシリーズ第4弾

(クレイジースモールFT姉妹品)

クレイジースモールOneFT

One button programmable keyboard,foot button

製品番号 CZSMONEFT
JAN 4580618300137
開発製造 cooyou.org
トップページ
製品ホームページ https://cooyou.org/oneft
お問い合わせ先 admininfo@cooyou.org

2020年1月上旬に一般発売開始予定

2019/11 クラウドファンディングCAMPFIREにて出品

姉妹品のジョイスティック式はこちら


ミニマムな1ボタン出力のプログラマブルキーボード

1ボタンのみでキー出力するプログラマブルキーボードです。フットボタンとしてもご利用できます。
USB(マイクロUSBケーブルが別途必要)で接続します。複数個で利用することも可能です。
クレイジースモールシリーズ第3弾のクレイジースモールFT(こちらはジョイスティック式)の姉妹品です。
特別なドライバは不要で、標準ドライバで動作します。設定は全て本体の操作で行います。
フットペダルやフットコントローラというと大きく重い筐体ものが多いようですが、本機はミニサイズで初心者にも導入しやすいです。
ミニサイズながらカスタマイズ性も充実しているためプロユースとしても使えるものです。
フットボタンとしても、片手ボタンとしてもご利用いただけます。
ボタンはクリック感があり、音は静かです。カチカチという耳障りな音ではなくコツコツという控えめな音です。
通常のマウスより音は静かで、静音マウスに近い感覚です。マウスより押し込む力は小さめで、沈み込みが少ないです。
耐久性300万回以上の高い接触信頼性のスイッチを採用してます。防塵性能も高いです。

本格派なのにシリーズダントツの最低価格

本機クレイジースモールOneFTは1ボタン出力ということで、姉妹品4出力のクレイジースモールFTよりも出力数が少ないのですが、出力数以外はほぼ同等です。
ボタンのクリック感、押しやすさ、押した時の気持ち良さには特にこだわりました。
クレイジースモールシリーズは唯一無二の驚きを提供するシリーズでありたい。
姉妹品なので1ボタン出力という割り切りの製品コンセプトだけで驚きを終わらせるつもりはありません。
今回は価格でも驚きを提供したい。シリーズダントツの最低価格を目指しました。(製造原価が安いわけではありません。)

設定方法は姉妹品のクレイジースモールFTとほぼ同じ

ボタンにはキーボード操作(またはマウスクリック)を割り付けられます。
プリセットは3つあり、サイドの3つのボタンで切り替え可能です。
1つのプリセットに対してキーを3つまで登録できます。そのため、Ctrl+Alt+Delのような合成が可能です。また、Shiftだけ登録して他のキーボードと連携するようなことも可能です。(macOSの場合はOSの仕様上、他のキーボードと標準では合成できないため、別途Karabinerソフトを導入してください。)
また、ゲームコントローラーの連射のように3連続で時間間隔を開けて出力することもできます。時間間隔は3段階(低速、中速、高速)の設定が可能です。
このようにキー出力モードは3種類あり、押している間はキーを3つ押している状態にするモードと、押した瞬間に3つ押してすぐに離すモードと、押した瞬間に3つを連続的に時間間隔を開けて押して離すを1つずつ行うモード、がプリセットごとに設定できます。
ボタン感度はプリセットごとに2種類(低感度、高感度)設定できます。ボタンの反応速度は速く遅延は少ないです。
キーは取説のキーマップの番号を登録します。日本語キーボードの配列となってますので、日本語キーボードと認識させることで、Windowsの場合ですと半角全角キー、macOSの場合ですと英数、かなキーを割り当てることも出来ます。
出荷時のプリセットは、
Aボタン Enter
Bボタン スペース
Cボタン マウス左クリック
(AボタンがUSB側、Bボタンは中央、Cボタンが離れた位置)
という割り付けとなってます。一度プリセットを変更すると記憶されるので次回はボタンを押さなくても結構です。
上記の例の場合は各プリセットに1つしかキー登録していないのですが、実際は3つずつ登録可能です。
日本製のため、取説やホームページの解説サポートも日本語です。

仕様

インターフェースマイクロUSB USBバスパワーで動作
動作OSWindows,macOS,Linux,Android,iOS
標準ドライバで動作
スマートフォンやタブレットはUSBホスト機能とOTGケーブルが必要です。
iOS機はセルフパワーハブが必要かもしれません。
ボタン側面A,B,C (USB近くからA、中央B、離れたC)上面黒ボタン
プリセット A,B,Cの3つ。各ボタンで切り替え。
   それぞれ感度、キー出力モードを設定可能
   プリセットごとに最大3つのキー登録
初期値は以下:
プリセットA*Enter
プリセットBスペース
プリセットCマウス左
設定項目
OS (*Windows,macOS) *が初期値
感度(*低感度、高感度)
キー出力モード(*押し続け、瞬間、連続)
連続時の時間間隔(*低速、中速、高速)
オールリセット
登録キー日本語キーボードのキー、マウスクリック
ケース 色ABS樹脂 黒
幅.奥行.高さ 重さ46x23x38mm 20g
付属品取扱説明書
*USBデータケーブルは付属しません
保証期間3ヵ月
日本製

本体は主にプラスチック素材で出来ておりますので、体重をかけたり強い力で操作すると破損の恐れがあります。保証外となりますのでご注意ください。

取扱説明書

oneft.pdf

Mac用キーボードのdeleteキーの横にWindows風deleteキーを設置した例

CTRL+Dのショートカットを本体に登録して簡単に作成できました。これでカーソルの後ろを削除できます。ボタンの押す感覚も軽く浅いので小指で押せます。

cooyou.org
CrazySmall OneFT
One button programmable keyboard,foot button